リビエラでの不動産購入で失敗しないためには?

人生で一番大きな買い物であろう不動産。
つまり、最も失敗するわけにはいかない場面とも言えるわけですよね。
しかし、その大一番でやらかしてしまう人が多いのも事実なんです。
不動産購入でありがちな失敗や、いかにしてそれを防ぐかをまとめてみましたよ。

不動産購入での失敗は大きく二つに分けられます。
一つは場所に関する失敗。もう一つは物件に関する失敗ですね。
特に戸建ての場合は間取りなどの設計にも施主の意向を反映することができますから、自由度が大きい反面失敗する可能性も高くなってしまうのです。
まず、場所に関する失敗としては、やはり広さを求めるあまり交通が不便な郊外の土地を選んでしまうパターンが多いようです。
たしかにせっかく購入するマイホームですから広い庭が欲しい気持ちは分かります。
しかし実際に住み始めると「近所にスーパーがあるか」とか「いざという時に大きな病院があるか」といった問題の方がとても切実である事がわかってきます。
家を建てるということ、不動産を購入するということは、その地域でこれから末永く生きていくという意味です。
本当にその場所で不便はないのか、自分の家だけでなくその周辺まで含めて「住環境である」という認識の下、場所選びは行うべきなのです。

次に建物についてですが、これはハウスメーカーなどを訪れた際に営業マンのトークに上手く乗せられてしまうことが失敗や後々の後悔に繋がるようです。
家の間取りや設計はあなたの今後の長期的な家族計画に大きく左右されます。
家族は増えるのか、それとも子供達が独り立ちして夫婦だけの暮らしになるのか。
両親も一緒に住むのか住まないのか。趣味のための部屋は必要かなどなど、あなたと家族の今後の生活スタイルの変化を見通さなければ家の設計は行えないのです。

モデルハウスや、営業マンが提案する内容というのは、ある程度誰にでも当てはまる最大公約数的な物です。
一生に一度の大きな買い物ですから、建物に自分の生活を合わせるのではなく、自分たちの生活に合った家を建てるよう気をつけましょう。

 

オススメサイト
リビエラコーポレーション 求人