テレビ番組の制作会社と職種の違い

テレビ局で働くことにあこがれを持つ方もいますが、テレビ番組制作はたくさんのスタッフがいて、それぞれ担当が異なるなど、お仕事内容をきちんと理解してからの応募が必要です。
制作会社に就職して経験と技術を身に付ける方法があり、若手の方もまずは制作会社で実務経験を積むことを意識することが重要になります。

いろんな会社が連携し合って番組作りを行っている

テレビで放送されている仕事の多くがテレビ局から受注して納品したものとなります。
テレビ局がすべてを行っているわけではなく、いろんな会社が連携し合って番組作りを行っています。
制作会社は、一般的に基本的に放送局系列と独立系にわかれており、それぞれの会社に特徴があります。
安定して仕事がある状態を維持したいときに放送局系列を選択することで、かかわりが強い分、いろんな仕事が入ってくるケースが多いです。

独立系は幅広い仕事にチャレンジできる

独立系の場合、不安定に感じることもあるかもしれませんが、幅広い仕事にチャレンジできます。
専門的な仕事ができるスペシャリストがいるなど、この人に仕事を依頼したいという人もいたりと、若手スタッフにとっても学べることが多くある職場です。
より専門的なことに挑戦したい方にとっても、独立系の会社で働くメリットは大きいです。

テレビ局での仕事で必要とされること

テレビ局での仕事は、一般的な会社とは違って、テレビ番組を作る専門的な知識や経験が必要となります。
刺激的に感じる世界でもありますが、会社に就職して働くことにより、人材の育成に力を入れる企業も多くあります。
制作部門で面白い番組を作ることができるように専念できる環境がある点に注目です。
出世していくことで大事なプロジェクトをかませてもらうことができるなど、先頭に立って番組作りを進めていくことができます。

テレビ局に就職しても必ずしも現場で仕事をするとは限らない

テレビ番組作りでテレビ局へ出働くことをイメージする方も多いですが、テレビ局に就職しても、営業の仕事や事務など、必ずしも現場で仕事をするとは限りません。
仕事内容な仕組みをきちんと理解することによって、現場で働きたいときに制作会社に就職して働くことも重要であることが分かります。
ディレクターやADなどは制作スタッフと呼ばれ、企画やスポンサーを探すテレビプロデューサー、制作現場の責任者であるテレビディレクターもいます。

まとめ

いろんな職種がある中で、自分が目指すべき場所はどこなのかをきちんと考えて、目標を持つことも大切です。
事前に調べていると、迷いなく全力でテレビ番組作りを行うことができるようになる点にも注目です。

番組制作会社 ランキング