NPO法人日本ハウスクリーニング協会

業界には「公益社団法人全国ハウスクリーニング協会」ともう1つ「日本ハウスクリーニング協会」という団体があります。

平成元年(1989年)に任意団体として設立され、ハウスクリーニングの指導と育成及びハウスクリーニングの普及と啓発を中心に活動を続けていました。

毎年8月9日の「ハウスクリーニングの日」には、お年寄りや体の不自由な方、福祉施設などにハウスクリーニングを無償で実施したり、売上の一部を寄付するなど、福祉活動についても積極的に取り組みを行っており、このような背景の下で、平成13年(2001年)にはNPO法人(特定非営利活動法人)として認証されています。

「NPO法人日本ハウスクリーニング協会」は、ハウスクリーニングやそれに関する事業の総合的なサービスを行うことで、地域社会の福祉に寄与することを目的として、①保健、医療又は福祉の増進を図る活動②まちづくりの推進を図る活動③環境の保全を図る活動④災害援護活動⑤子供の健全教育を図る活動、の特定非営利活動5つを行っています。

また、①高齢者や障害者及び福祉施設等にクリーニングを実施する②講座、講演会、研修会、イベントの企画及び開催③ハウスクリーニングに関する情報提供及び普及啓発活動④ハウスクリーニングを通した環境保全に関する活動⑤福祉に関わる団体又は企業、及び災害が起きた地域等に対する寄付⑥青少年の人達等に対する、ボランティアへの参加の機会の提供⑦その他目的を達成するための事業も行っています。

ハウスクリーニングの資格講座も実施しており、所定の過程を修了すると、「日本ハウスクリーニング協会」認定資格である「ハウスクリーニング士」を取得できます。

ただし、「全国ハウスクリーニング協会」が指定試験機関とされる、国家資格「ハウスクリーニング技能士」とは異なりますので、この点については混同しないよう注意が必要です。

業界資料やアンケートなどを元に、独立や開業に関する相談会も実施しています。

キッチンクリーニング