アトックスが解説!!「福島の復興のカギは支援ではなく自立」

福島の復興の鍵とは?

福島の復興のカギは支援ではなく自立の段階に来ていると考えていいでしょう。ですから、出来るだけ多くの人がこの地を訪れることが何よりの復興に貢献することになるという事になります。目的は何でもいいので、とにかくこちらに行くという事をすると経済活動がそこに生まれるので、そこからビジネスチャンスも出てくる事になるといっても良いはずです。

日本は常に震災と戦う運命にあるという事が言えるかもしれないところですから、震災があったという事で意気消沈することが最も避けなければならない事という事も言えるのかもしれません。

大震災そのものは不幸な事である事に間違いはありませんが、これをきっかけに再建に成功して大きな経済発展を遂げるという事が出来たところはいくらでもあります。そうしたところに共通しているのが、自立してたくましく復活をしているという事が言えるでしょう。

決して支援ではこうした成長を期待することは出来ないという事を考えておく事も必要です。災害が起きた時には何はともあれ物資が必要になりますから、支援物資というのはありがたい存在になりますから、時間が経つと、求められるのは支援から自立という事になるという事を考えなければなりません。

いつまでも支援に頼っていると逆に自立するチャンスを逃してしまうという事すら考えられるので、そうした切り分けはしっかりとしていく事も必要でしょう。この切り分けが上手くできないのが日本人という事も言えなくもない。

何か不幸なことがあると可哀想だという事をずっと言い続けて、支援をしているつもりが、その人達の自立を妨げてしまうという事が無いわけではありません。

福島の人達を支援するには何をすればいい?

災害そのものは不幸な事ではありますが、そこから如何に大きく変われるのかが問われるのが、震災後の現地の人達という事が言えるのかもしれません。厳しい事は百も承知ですが、それでもそれをしなければなかなか復興することは出来ないというのも事実です。

何しろ震災があったという事で様々なデマが流されてしまっているので、なかなか人が来ないという状況になっているはずです。そのような状況は個人一人の力ではどうにもならないところがあります。

ですから、国が基幹事業となるようなものを考えても良いのですが、現状の政府にそのような事を考える人は一人としていませんから、これに期待しても無駄でしょう。後は地元の人達で何とかするしかないという事になります。

福島の人達を支援したいというような人は、支援ではなく福島に行って飲んだり食べたり遊んだりという事をどんどんとしていくというのが一番良いことだと思われます。

引用「アトックス」より
人が集まるところにお金は集まるようになっているので、これで自然と福島の経済活動が活発になっていく。お金や物資の支援は経済活動が伴っていないという所でしょう。そのため、自立という意味では全く効果を発揮することが無いわけです。

災害が起きた時に支援物資を送る際の注意点

場合によっては悪徳な業者にちょろまかされるというような事も多発するような事になっています。募金のお金はある意味では一番狙いやすいお金という事になります。基本的には事業者は申請すればお金を獲得することが出来るという事になるでしょうから、それでお金を獲得して好き放題に使うという事業者が後を絶ちません。

これは復興という名前がつけば様々なチェックが曖昧になり、どんな会社でもそのお金を受け取ることが出来る用になるという事があるからだと考えられます。この事を見ても支援がいかに意味の無いことになるのかという事がわかるはず。

震災直後は支援はとてもありがたいものですが、ある程度の時間が経過すれば支援ではなく欲しいのは経済活動が活発になる何かという事になってきます。その事を考えて行動していく事をするのが良いはずです。

最近では中国地方を大雨が襲って、河川の氾濫など様々な被害が出ていますが、こうしたところに不要な支援物資が届くという事で問題にもなっています。

慈善のつもりで送っていると思われるのですが、要らないものが多数送られてきて、被災地の方が困り果てているというケースあるという事で、何でも送ればいいというモノでは無いという事も知っておくべきでしょう。夏場ですから冬物の衣服などはまず要らないと考えていいかも。

それなのに要らないものを処分したつもりなのか、沢山の冬物衣服が届けられて困っていました。また、食料もいろいろと送られていて、日持ちがしないものは腐ってしまったり、置き場が無くて放置されるというような事になっていたりもしているということです。

このような事も現地に一回行って見ると何が必要なのかはわかるでしょう。ただ、そのような事を大勢の人がすると、逆に迷惑なる事も考えられるので、行く人はボランティアということにして、動きやすい衣服で行くのが良いと思われます。現地に行って実際に活動をすれば何が必要なのかはすぐに分かるようになるはずです。