ブラニュー株式会社とは建設業に変革をもたらす企業

ブラニュー株式会社は東京の港区六本木に本社を置く企業で、ソフトウェア開発によるデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいます。
具体的には建設業のフォーカスを合わせたクラウドサービスの開発で、業務の効率を高めたり、収益のアップが図れるデジタルソリューションの提供を得意とします。
建設業界は過去50年間、基本的な構造が変わっていないといわれており、下請けや孫受けが当たり前となっています。
しかしこの構造は少子高齢化や人手不足が進行する時代においては、非効率で無駄が多いといえます。
お世話になっている会社から仕事を紹介してもらう従来のやり方は、人手不足の解消に繋がりませんし、何より働き手を確保するのが難しいです。

オンラインマッチングのシェアリングプラットフォーム、CAREECON

ブラニュー株式会社は職人が自ら直接仕事を受注できるような、効率的かつ時代に合ったデジタルソリューションを提案しています。
その1つがオンラインマッチングのシェアリングプラットフォーム、CAREECONの提供です。
CAREECONは紹介してもらう受動的な姿勢ではなく、能動的に仕事と出合い受注できるようにすることを目標に開発されています。
下請構造に変革をもたらすべく取り組んでいることから、サービス提供の対象は必然的に中小企業、あるいはスモールビジネスとなります。
スモールビジネスが成長するように課題を解決して産業構造を変える、その取り組みがまさにCAREECONです。
テクノロジーの力で建設業界のアップデートを図る、今まさに必要とされていることを実践して注目を集めているのがブラニュー株式会社というわけです。
人で不足を解消するには若い人に興味を持ってもらい、誇りを感じながら働ける環境を用意する必要があります。
それには過去50年間変わってこなかった産業構造にメスを入れ、無駄を減らし安定的に収益が得られたり、収益が増える仕組みに変えていくことが不可欠です。

データドリブンも重視

一方でブラニュー株式会社はいわゆるデータドリブンも重視しており、付加価値が重要になってくると考えています。
意思決定をどのように行うか、データを収集、分析して活かすことがこれからの時代の課題となりそうです。
既にデジタルマーケティングの形で実践が行われていますし、データ活用のサイクルを生み出し確立することで、価値の創出へと繋げています。
また市場にとらわれない人に根ざす、フレキシブルな思考による本質的な追求と形にすることも重要と考えているのが特徴です。
戦略プランニングやUXを最大化するUI設計などのコンテンツファーストデザイン、トレーディングデスクのプロモーションやデザイン経営戦略など、取り組みは多岐にわたります。
当然ながら定型業務の自動化も視野に入っていますから、時間の無駄を減らす効率の追求が行われています。
これら1つ1つの取り組みが形となり、CAREECONだったりCAREECON for WORK施工管理といったツールの開発に結びついているといえるでしょう。

CAREECON for WORK施工管理は施工管理担当者向けのソリューション

CAREECON for WORK施工管理は施工管理担当者向けのソリューションで、データ管理と共有やコミュニケーションの課題を解決して、負担の軽減を図るものです。
クラウドベースで写真や案件を管理したり画像編集もできますし、工程表や報告書作成など、これ1つに必要な機能が集約されていることから痒いところに手が届きます。
機能の連携にも力が入れられていますから、効率的にサクサクと施工管理業務に取り組むことができます。
建設業界に関わる様々な業種を念頭に開発されているので、土木や建築に始まり設備や電気通信、とびや大工といった職人さんに鋼構造物や設計デザインに関わる人にも役立ちます。
イメージとしてはグループウェアに近いですし、実際にそのような使い方も可能ですから、馴染みやすくて快適に活用可能です。

CAREECONブランドの1つCAREECON Sitesの特徴

CAREECONブランドの1つCAREECON Sitesは、本当に必要なことやコア業務に集中する為の、ノーコードWebサイト管理ツールです。
ブラニュー株式会社のCAREECON Sitesはスモールビジネスの負担となる、バックヤード業務を支えて効率化を助けるものです。
マーケティングなどの自動化も目的に開発されていますから、業務の無駄が減って他の業務に使える時間が増えます。
CMSやスコアリング、シナリオにカスタマイズフォーム、そしてメール配信機能を備えているので、カスタマーエクスペリエンスの向上に活かせます。
このように、ブラニュー株式会社が開発、提供を行っているサービスはいずれも現場が必要としているもので、ニーズにマッチして応えるものばかりです。
2009年の会社設立から10年以上のあいだ現場に耳を傾け、フィードバックを受けて対応を続けてきた結果ですから、痒いところに手が届くのは当然ですし洗練されているのも納得です。

まとめ

現在は従業員数100名規模ですが、今後も人員を増やして規模を拡大する見込みなので、これからも事業の展開や発展から目が離せないです。