KRHの足場の特徴と選ばれる理由

建築土木の現場では、必ず足場と呼ばれる作業スペースが作られるものです。
この足場というのは時代とともに変化してきたもので、昔の場合には丸太などが使われていましたが現代では耐久性に優れ繰り返し使うことができる金属製のものが広く使われています。

基本的には金属パイプを用いて、これを支柱や桁として板を渡すことによって作業員が安全にできるスペースを作るというものです。
これらは木材を使うものにしても金属を使うものにしても同じような構造となっていますが、進化している部分では耐久性に優れまた組立と解体が容易に出来ると言う点にあります。

足場を手がけているメーカーは多数ありますが、全国規模で展開している会社はそれほど多くありません。
全国展開している会社の一つとしてKRHがあります。

➡️KRH株式会社の業務・サービス内容、評判

 

KRH株式会社の概要

KRH株式会社は、岐阜県に拠点を置いている昭和62年に設立された会社です。
現在は岐阜県だけでなく、東京に関東支社はあるのか、各務ヶ原支店や静岡営業所、東京支店、横浜支店、相模原支店、関西営業所、東北営業所などがあります。
事業内容は、仮設機材の製造販売およびレンタル・施工といったもので、設立当初からクサビ式足場架払リース事業を行っています。

KRHの特徴としてはクサビ式のものを主力としている点で、それまでのクランプで固定する方式と比べて、組み立てや解体が迅速に行うことが可能です。
このクサビ式は、一定間隔で緊結部が取り付けられており、手すり材や斜め材といったものを差し込み、クサビで連結させていくという方式になります。

針金で固定する方法や、クランプを用いて固定する方法と比べて、差し込むため耐久性に優れますしハンマーひとつで組立と解体をすることができるので、効率作業することはできます。

デメリットとしては、ハンマーで金属を叩くため組立と解体時にそれなりの騒音がするということですが、クランプで取り付ける場合にも電動工具のインパクトレンチを用いれば騒音がするので、それほど大きな問題にはなりません。
また従来の部材を用いることも可能ですから、徐々にKRHに入れ替えていくということも出来ます。

 

改良によって高層建築でも用いることができる

一方で、従来このクサビ式というのは主に木造住宅に使われていたものですが、現代では中高層建築やショッピングセンターなどの大規模な現場でも使われています。
この理由はやはり従来の方法と比べて作業効率が良いと言う点があるほか、改良によって高層建築でも用いることができるようになったものです。

特に選ばれる理由としてコストを削減できるという点が大きく影響しています。
組立と解体に時間がかかるということは、それだけ使用している時間が制限されるということにもつながり、これによってストックヤードで大量の部材を保管しておかなければなりません。

これらが最小限に抑えられるので、ストックヤードの規模を小さくすることができ、結果としてランニングコストを下げることができます。

 

KRHはリース事業も行なっている

またKRHでは、リース事業も行なっていますから様々な方法でそれまで多くかかっていた費用を軽減することができ、導入資金を抑え手持ち資金を増やすことで経営にかかる負担が軽くなるものです。

それと自社での製造や架払技術の向上を行っており、製造工場も拡大しています。

自社で開発しているので安心して利用することができますし、製造も鋼材の加工から部材組み立て、溶接、溶融亜鉛メッキまで一貫して行なっており、また現場のニーズに応える開発にも力を入れ、それまでの住宅用途だけでなくビル工事などの大規模施設や、円形の特殊なものまで、様々なものを開発しているものです。

 

KRH株式会社の足場の特徴

KRH株式会社の足場は、現場のニーズをしっかりと捉えたもので、安心安全に用いることができるものである他、ローコストであるというのが特徴であり、また選ばれている理由になります。
特に創業以来から行なってきたクサビ式というものは、現代では多くの現場で使われている方法ですが、パイオニアとしての実績からとも安全性や耐久性に優れたものです。

それに施工のしやすさによってストックヤードを最小限にすることができますし、組み立て前や解体後の運搬もスムーズにできるようにし可搬性を高めているなど現場の作業効率を高めることはできるように工夫されています。
また部材を販売するだけでなく自社製品のリース事業やレンタル事業も展開していますから、規模の小さな会社でも導入がしやすくなっています。

 

まとめ

また不足した場合にも必要に応じて必要な部材を取り揃えることができますから、規模の大きな事業を請け負っても迅速に対応することができますし、リースやレンタルであれば費用を経費として扱うことができるので、減価償却といった煩わし事務作業を軽減することができるものです。

いずれにしても、足場の組立解体は迅速に行いつつ、安全性に入るし耐久性があるものが求められますが、それらの現場のニーズに応える製品を作り続けている会社になります。