猫カフェとはどんなところか

猫カフェの概要

飲み物や軽い食事を取ることができるカフェがありますが、動物と一緒にできるカフェとしてはドッグカフェが思いつくはずです。

最近ではクーアンドリクなどが運営している猫カフェと呼ばれるものが流行ってきており、ドッグカフェと違う所としてはペットを連れていくというのではなく、猫が店内で放し買いにされている場所となります。

そのため、ペットを飼っていない方はカフェに行くことで猫と直接触れ合うことができます。

飲み物や食事は取れるのかというと、フードメニューがあるためどちらも飲んだり食べたりすることはできます。

料金体系としては、お店によっても異なり、一時間単位で料金を取るお店もあれば10分単位で細かく料金を取るお店があります。

料金の相場としては一時間に千円前後というカフェが多くなっています。

猫カフェの楽しみ方としては、やはり食事よりも猫と触れ合うことが主となり、猫を眺めているだけでも良いですし、猫と遊ぶこともできるとクーアンドリクのスタッフは言っています。

猫は店内で自由に行動しているため、ご飯を食べている姿も見ることができます。

さまざまな猫カフェのサービス

猫は人と毎日触れ合っているため、基本的には人に慣れていますが大きい音は苦手な動物となるため、あまり大きな音を立てずに店内に入ったほうが猫が近寄りやすくなります。

どのような猫がいるのかというと、お店によっても様々な猫がいる場合があります。

オーソドックスな猫がいるお店もありますし、クーアンドリクなどのように変わった種類の猫を扱っているお店もあります。

営業時間としては、午後10時まで営業をしても良いということになっていますが、猫のストレスなどを配慮して午後の10時前後で閉店してしまうお店も多いです。

猫カフェに行く時の注意点としては、まずペットを連れて行って入ることはできません。

そのため、飼っているペットは連れて行かないようにしましょう。

また、猫の嫌がる行為についても禁止とされています。

猫の嫌がる行為としては、無理やり体を触ったり、追いかけたり寝ている所を起こすなどが挙げられます。

写真撮影をする場合もフラッシュは禁止とされているお店が多いため、携帯電話で撮影する際にもフラッシュはオフにするようにしましょう。

猫が病気になってしまわないためにも、猫に触る際にはアルコール消毒をするお店も多いとされています。

また、小さなお子さまを店内に入れることを禁止にしているお店もあります。

理由としてはお子さまが怪我をしてしまう恐れが高いためとなります。

お酒やたばこを禁止にしているお店も多いため、そちらについても注意するようにしましょう。

 

あわせて読みたい

クーアンドリク店舗