スーパー銭湯・銭湯・温泉の違いとは

スーパー銭湯と銭湯はどちらもお風呂にはいれる温浴施設を指す言葉です。
スーパー銭湯というイメージからは、普通の風呂屋の豪華版というイメージがあります。
たしかに、豪華な設備になっていることが多いことからそれは間違いというわけではありません。
しかし、実はそれ以外にも違いがみられます。

「一般公衆浴場」と「その他の公衆浴場」の違い

まず、普通の銭湯と呼ばれる施設は「一般公衆浴場」という分類に入ります。
一般公衆浴場では、都道府県ごとに入浴料が決められています。
こちらは料金の相場は、大体は450円から500円以内で収まっていることが多いです。

これに対して、スーパー銭湯は「その他の公衆浴場」という分類になっています。
その他の公衆浴場は、これのほかに健康ランドや家族風呂などが該当します。
こちらは、特に料金に関しては決められているわけではなく運営者の裁量によります。
500円くらいの銭湯に近い値段で入れるところもあれば、数千円くらいを支払って入るというところもあります。
銭湯よりは、やや高額になっていることが多い傾向です。
前者が一般公衆浴場であるのに対し後者がその他の公衆浴場に分類されている理由は、こちらは入浴を楽しむということのほかにも飲食が楽しめたりあるいは休憩できたりなどといった、いろいろな体験ができる娯楽施設の要素も備わっているからです。
中には簡易的な宿泊ができるところもあり、所定の料金さえ支払えば思う存分温浴施設内で楽しむことが可能なところもあります。

【参考】24時間空いてる京都のスーパー銭湯

料金の違いで何が変わってくるのか?

料金の違いで何が変わってくるかですが、主にサービスの質に違いができています。
普通の銭湯は、入浴に特化した設備だけが基本的には備わっていることが多いです。
基本的には、銭湯のほうは最低限かそれに近い入浴設備を備えており普通の浴槽のほかジャグジーなどの設備があります。
場所によっては、薬湯やサウナなどを兼ね備えているところもありますが、基本的にはこじんまりとした感じです。
浴場以外の設備では、基本的にはこちらは脱衣所だけがあります。
ドライヤーなどの簡易的な設備があるところもありますが、これも場所によります。
ただたいていの場合は銭湯はいかにもなお風呂屋さんという感じの雰囲気を持っていることが特徴的です。
浴場の壁にモザイクでできた絵画などが描かれていることが多いのも、お風呂屋さんが持っているイメージの一つです。
建物や内部などを目で楽しみつつ、入浴を手軽に楽しめるのが銭湯の魅力といえます。
簡易的な椅子などはあり、ジュースや牛乳・アイスなどは販売されています。
これに対して、もう一つのほうは浴槽が広々としており、多人数が利用しやすいように配慮された設備が整っている傾向が強いです。
ジャグジーやマイクロバブルなどといった泡が出る風呂を備えていたり薬湯があるところもあれば、露天風呂が入れるというところもあります。
いわば、お風呂のテーマパークともいえる存在です。
多人数が利用できるサウナがあるほか、水風呂も備えています。
豪華なところだと、打たせ湯があったり寝風呂や岩盤浴・歩行風呂などといった温浴施設も兼ね備えているところもあるなど充実しています。
浴場以外だと脱衣所のほか休憩所があるところも多いです。
軽食や理髪店なども併設していることもあります。
このように、訪れる人がある程度長い時間をそこで過ごしてくつろげるように配慮されているのが特徴的です。
施設内が銭湯のような味がある感じというわけではないですが、比較的施設内が目新しくて清潔さが保たれていることも特色といえます。

銭湯などのお風呂屋さんと温泉との違い

では、銭湯などのお風呂屋さんと温泉との違いは何でしょうか。
これは沸かしているお風呂がどのような仕組みになっているかによります。
普通の銭湯の場合は、お風呂を井戸の水などからくみ上げてこれを沸かして入浴しやすい温度にしたうえで提供しています。
これに対して温泉は源泉があり、それをくみ上げたうえで活用しています。
温泉入浴施設の浴槽には、地中から湧き出す温泉水が使われているというわけです。
温泉がある浴場では、必ず成分分析表があります。
この成分分析表には、泉質がどのような種類であってどのような成分が含まれているかを詳細に知ることが可能です。
また、含まれている泉質から得られる効能も記されています。
いつ掘り出したかや事業者なども記載されているのが特徴です。
温泉はホテルなどの施設で入れるところがあるほか、スーパー銭湯を中心に普通の銭湯にも一部に温泉が使われていることがあります。

まとめ

このように、スーパー銭湯・銭湯・温泉にはそれぞれ違いがみられいずれも役割は異なります。
いずれも味があり違った良さが楽しめますので、目的によって使い分けておくと良いです。
温泉はスーパー銭湯でも入れるところがありますので、温泉を手軽に楽しみたい場合にはこちらを利用しておくようにすると目的は達成できるでしょう。
ただ、いずれの温浴施設も利用時にはマナーがありますので、ほかの人に迷惑をかけないようにして礼儀正しくするという意識を持って入浴を行うようにします。