全保連が語る賃貸経営のメリットとデメリットについて

賃貸経営

1.全保連監修!賃貸経営について

アパートやマンションなどの賃貸経営には様々なメリットがあるといわれています。
また同時にいくつか考えておくことが必要なデメリットもあります。

そこで、これらのメリットとデメリットについて全保連とともにご紹介してみたいと思います。

まず、賃貸経営の利点として挙げられるのが長期的な収入です。
アパートやマンションなどは住居用の建物になります。

基本的に、住まい人は入居者がそのまま住み続ける傾向があるといわれていますので、オーナーとして健全な経営を行っていけば、家賃収入が毎月得られるということになります。

そのため、賃貸経営のメリットは長期的な安定性の高い収入が得られやすいという点といえます。
そのため、昨今では私的年金代わりに、老後の生活費の確保などの手段としてこれらの住宅経営を考える人も多くなっているといわれています。

2.生命保険の代わりになる

また、住宅を経営すると生命保険の代わりになるといった利点があるといわれています。
基本的に、賃貸住宅を経営する際にはローンを利用する人が多いのです。

ローンは経営中に万が一のことがあった場合に備えて加入することになり、住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入します。
そのことで、ローン契約者が死亡したり高度障害状態になってしまった際に、住宅ローンが保険で支払われるようになっています。

そのため、遺族は賃貸を継続する場合は家賃収入を得ることができますし、売却しても資金が得られることになるため、別に生命保険に入る必要がないといえます。

生命保険は毎月家計の保険の中でも大きな割合を占めることが多いといわれている保険であるため、住宅経営を行うと、将来的なリスクに備えることができるということになるといえます。

3.経済の変化にも強い

さらに、賃貸住宅の経営は経済の変化にも強いといわれています。
物の価格が上昇するとインフレとなってしまい、お金の価値が下がります。

しかし、不動産はこのような場合にはインフレに応じて価値が変動する資産になりますので、インフレの対策方法としても役立つといえます。

また、昨今の住宅経営はサラリーマンの人も始めやすくなっており、建物建設や物件管理などを行っている企業と契約するなどすれば手軽に始めることができるようになっています。

経営を始めるのに多額の現金がなければできないということもなく、初期投資額も少なくて済むため、手軽に始められるという利点もあります。
さらに、賃貸オーナーになった後は、自身が得る家賃の収入からローンが返済できるので、その後も少ない資金でできるというメリットがあるのです。

4.始めやすく、続けやすい住宅経営

このように様々な利点がある住宅経営は始めやすく、続けやすいというメリットがあるといえます。

賃貸住宅を経営している場合には、固定資産税が6分の1になり、都市計画税が1戸あたり200平方メートルまで3分の1となるといった、税金上の利点が得られます。

これは、自身の土地を駐車場にしたり、遊休地としておくという非住宅用地として所有するのとは大きく異なっており、自身の土地で住宅経営をするという場合、建物を立てて人に課すというだけで、これまでのメリットにプラスして税金面でもメリットがあるということなのです。

さらに、建物が建築されているという時には相続税も大幅に軽減されるといったメリットがあり、たくさんのメリットが得られるのが賃貸物件の経営なのです。

一方で、アパートやマンション経営にはいくつかのデメリットもあります。
そのため、これらのデメリットについても知っておくことでより健全な経営が行えるといわれています。

5.空室リスクにどう対応するか?

まず、デメリットとして挙げられるのが空室リスクです。
賃貸物件を用意しても、常に全ての部屋が埋まって満室になるというわけでもなく、入居者が入居後対処すると空室が発生してしまいます。

住宅の経営で一番心配という人も多い空室は、利益性に直接響きます。
空室は収入減につながり、アパートやマンション経営にマイナスの影響を及ぼすのです。

この空室は、立地や家賃設定などが影響する場合もあります。
このような点に留意して経営を行うことが大切です。

6.定期的にメンテナンスをする必要がある

また、建物も経年で劣化していきます。

これはどうしても仕方がないことであるといえますが、古い物件は入居にとってあまり魅力的なものと映らないことがあり、入居者の確保を困難にする要因になるといわれています。

そして、家賃を下げていかなければ入居者が集まりにくくなっていく原因となります。
必要に応じて定期的にメンテナンスをするという点でも管理費や修繕費といった費用を見積もっておくということが大切だといわれています。

このように、アパートやマンションなどの経営にはいろいろなメリットがあると同時にデメリットもあります。

そこで、これらの住宅経営を行うという場合には、メリットとデメリットについてよく知っておき、デメリットについては計画的な経営を行うことでカバーしていくことが重要になります。

長期的なコストがかかるということも計算に入れて軽軽を行っていくことが大切といわれています。