製造業やマーケティングで重要なPLMとは

PLMとはProduct Lifecycle Managementの略で、製品ライフサイクル管理となります。
何らかの製品を製造して販売することを仕事としている会社には全て当てはまる概念であり、個々の製品をとってみれば、典型的にはまずはどのような製品を作ればよいか頭の中でアイデアを出し、企画立案するところから始まります。

 

設計段階が終わればいよいよ実際の製造に入る

次は実際に図面を引くなどして設計してみるでしょう。
設計段階が終わればいよいよ実際の製造に入ります。

製造されれば当然ながら販売することになるわけですが、販売できればそれで終わりといった製品ばかりではありません。
ほぼ使い捨てのような製品であれば別ですが、多少なりとも長く使うことを前提にした製品の場合は修理対応が発生することもあるでしょう。

そして、そのようなある程度の耐久消費財のような場合はとくに、企業の社会的責任の一つとして最終的にその製品が廃棄されるところまで考えておく必要がある時代になってきています。
このように、典型的なものとして企画立案、設計、製造、販売、修理対応、廃棄といった一連の流れをライフサイクルと呼んでいるわけです。

もちろん、製造業ではあっても作っている製品の種類によっては典型的な例から外れるケースもあることは言うまでもなく、その場合は若干の修正が必要になることはあるでしょう。
いずれにしても、モノづくりの会社においてはまさに企業の根幹に関わる部分がこの製品ライフサイクルということになります。

参考:ファッション PLM

 

PLMは管理に焦点が当てられている

そして、PLMとは単に製品ライフサイクルのことを指すのではなく、あくまでもその管理に焦点が当てられています。
うまく管理することにより、よりよい製品を、より早く、より顧客の満足度を高められるように提供し、究極的には企業の売り上げや利益に貢献しようという考え方です。

では具体的に何をどう管理しようとしているのかが気になるでしょう。
いろいろな考え方がありますが、何を管理しようとするのかと言えば、突き詰めればお金や人的資源、あるいは製品原材料や設備などの各種リソース管理です。
工場での製造段階をイメージすれば分かりやすいのですが、ある製品を作るためには製造ラインの設備が必要ですし、もちろん原材料が無くてはなりません。

そしてそれを動かすための人員配置も必要です。
一方で、これらのリソースは当然ながらそれぞれにコストがかかりますから、無駄に遊ばせているものがあって良いはずがありません。

 

まとめ

これは製造段階だけに限らずライフサイクルの他の段階でも基本は同じであり、要するに、無駄が発生しないように常に効率的にリソースを使えるようにすることを管理と呼んでいるのです。