大人数で移動するときに便利な貸切バス

Last Updated on 2023年1月25日 by keke

「貸切バスは個人でも借りれるの?」
「貸切バスは運転手付き?」
「貸切バスの料金が知りたい」

一度に大量の人数を輸送したいなら、おすすめは貸切バスです。
一般的な利用用途で多いのは企業の社員旅行や研修旅行、小学校や中学校などの遠足や修学旅行などが思い浮かびますが、その他の目的でも便利に利用できます。

社会人になってから資格を取得したほうが良い理由

個人でもバス会社からチャーターできる

一般的には企業や教育機関などの団体が利用する方法と思われがちですが、冠婚葬祭などを目的に個人でもバス会社からはチャーターできます。
たとえば冠婚葬祭で多くのゲストが一度に輸送をするなら、タクシーを使って別々に移動するのがベストと思うかもしれません。
しかしタクシーを複数台用意し移動すると、コストや手間が増えてしまいます。
ですが貸切バスなら一台の車両でゲストを輸送できるため、複数の車両を用意する必要はありません。
タクシーよりもコストを抑えられますし、便乗するゲストの割り振りなども考える必要がありません。

貸切バスには大型の収納スペースもある

また貸切バスには大型の収納スペースもあるため、引き出物などの荷物もすべて収納できます。
あらゆる利便性を考えたら、冠婚葬祭のゲストを輸送するときにはベストな方法といえるでしょう。
もちろん企業や団体が利用するときにも、貸切バスは最適なサービスです。
企業の利用で多いのは、社員旅行です。
近場の観光地や温泉地に社員一同旅行することで、結束が高まり業務にも役立ちます。

観光地からホテルや旅館などの宿泊施設への移動も可能

社員旅行で利用するときには、目的地への送迎だけではなく観光地からホテルや旅館などの宿泊施設への移動も可能です。
空港や駅などへの送迎にも利用できるので、地方や海外へ社員旅行をするときにも便利です。
同じような目的での利用が多いのは、町内会や子供会です。
町内会や子供会では親睦を深めるためのイベントとして、日帰り旅行などがあります。

運転手付きでチャーターできる

日帰り旅行のときにも乗客をしっかりと送り届けてくれ、素敵な旅の思い出ができるでしょう。
その他にも学校の部活動や地域のスポーツクラブなど、貸切バスはさまざまな用途で使われています。
一般的には運転手付きでチャーターできるため、必要な免許を取得している人がいなくても問題ありません。
技術と安全意識の高いプロの運転手が送迎してくれ、お客さまに負担をかけません。
また乗車する人数や目的にあわせてバスの種類を選べ、料金プランもそれに応じて変化します。

まとめ

つまり無駄なく最適な移動手段を確保できるので、大人数で移動するときには最も優れた手段なのです。
旅行やイベントを開催するときには、近くのバス会社に相談してみると良いでしょう。